健康経営宣言

私たちの「願ひ」はひとつ

創業以来大切に守り続けてきた私たちの「願ひ」。この企業理念を実現するために、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、能力を最大限に発揮し、活き活きと仕事ができる職場環境づくりに組織全体で取り組むことを宣言します。

2017年9月28日
代表取締役社長 古川 弘和

健康経営を推進する社内体制について

代表取締役社長を統括責任者とする専任部門として「健康経営推進グループ」を設置し、各種施策の企画・運営推進に取り組んでいます。
また、推進にあたっては「経営管理部(人事グループ、健康管理室)」「衛生委員会」「コンプライアンス委員会」など、組織横断的に役割分担し進めています。

健康経営の取り組み

1.定期健康診断

定期健康診断および人間ドックの全員受診をめざし、安全配慮義務に対応しています。社内全体会議や衛生委員会による受診勧奨や保健師の個別勧奨を実施しています。
提携健診機関については保健師による健診予約を個別に行っています。

受診率

実績

2013年度 100%

2016年度 100%

2017年度

施策:定期健診受診率100%を維持するとともに、個別性を重視した健診事後指導を徹底し、全社課題を明確にします。また、40歳以上には特定保健指導の実施率向上を図っています。

目標:定期健診受診率 100% 特定保健指導の実施率 80%

2.生活習慣病対策

当社管理栄養士や外部講師による研修を実施したり、健診結果と生活習慣病に関する理解力向上のための教材を配付し、従業員のヘルスリテラシーの向上に取り組んでいます。その一環として、健康保険組合主催の健康増進企画「スマイルチャレンジ」の参加を奨励し、食生活と運動習慣の改善を図っています。

スマイルチャレンジ参加率

実績

2015年度 参加率11.9%

2016年度 参加率19.2%

2017年度

施策:当社商品「なりたい自分BOOK」を全社員に配付し、参加奨励を強化します。

目標:参加率40%

3.ワークライフバランス

年次有給休暇と夏期休暇(5日間)の取得奨励を行っています。
部長会、衛生委員会において有休取得率、残業時間、休日出勤数を毎月報告し、現状の課題を明確にしています。
産業医から長時間残業者への意見書ならびにアドバイスによる対策を実施し、働き方、仕事の進め方などへの教育とルール作りに努めています。

有給休暇取得率

実績

2013年度 76.2%

2016年度 81.7%

2017年度

施策:有給休暇取得率の低い部署を特定し、仕事の分担、進め方の改善を行い取得を奨励しています。さらに、記念日休暇などの検討も進める計画です。

目標:有給休暇取得率 95%

4.メンタルヘルス対策

2016年度より50名未満の事業所も含めて、ストレスチェックを実施しています。
高ストレスの従業員には、産業医による面接指導を奨励しています。また保健師による補助的面談の体制も整備しています。
集団分析の全社の結果は従業員に公開し、研修を行いました。部門別の結果は、当社保健師から部門長にフィードバックし、当社臨床心理士による職場改善研修(ライン研修)を実施しています。

ストレスチェック受検率

実績

2016年度 89.8%

2017年度

施策:ストレスチェック後の計画的な教育体制を確立し、「ストレスチェック」を業務手順の自己チェックならびに職場改善のアセスメントとして定着させることをめざしています。
   1.ストレスチェック結果の読み方研修(セルフ研修)
   2.部門別集団分析から職場改善対策の立案(ライン研修)
   3.各部職場環境改善のためのワークショップ(部内コミュニケーションの充実)。2017年実施中

目標:受検率 100%

5.コミュニケーション向上

毎年6月(創立記念日6月1日)をコンプライアンスウィークとし、理念ならびに当社行動規範の意識向上と、経営層と従業員、および部門間の交流を図っています。
2016年度はHappy Hourと称した経営層と従業員間の社内交流イベントを13回、会社の魅力を振り返るワークショップを3回実施しました。

社内交流イベントの実施

実績

2016年度 毎月1回実施

2018年度

施策:健康教育、コミュニケーション、生きがいなどを融合させたイベントを立案中。

目標:全社研修計画を立案し、年間計画に基づいた定期的イベントを開催。

ページのトップへ